ハニーマスタードチキン

朝夕秋の気配が感じられるこの頃、皆様いかがお過ごしですか?我が家の犬メープルをお散歩に連れて行くのにも、とっても心地よい季節になってきました。

9月に入って、家族みんなの生活がやっと元通りになってきました。息子はテンプル大学のロー・スクールの一年生になり、ダウンサイジングして随分小さくなった我が家(まさか帰ってくるとは思わなかった!)から、毎日電車で通っています。娘も大学に戻って、寮生活からの新学期が始まりました。

愛犬メープルが我が家に来て2ヶ月経ち、やっと彼女の性格が出て来たようです。来たばかりの時は全く吠えず寝てばかりいたのに、最近はボールで遊ぶことを覚えたり、庭を走り回ったりしています。シェルターから来た子達は、2.3ヶ月くらいでやっと性格が出てくると言われていた通り。この子がきてから私たちも随分外を歩くようになりました。

結構忙しい毎日ですが、頑張って夕飯は作るようにしてます。今週は毎晩しっかりご飯作りました。仕事の後外食も楽しいけれど、どちらかというと家でゆっくりして、メープルをお散歩に連れて行きたいからかな。麻婆豆腐とか、パスタとか簡単なものなら、外で食べるより作る方が早いし、何より経済的。

息子といえば、家にいる時間は少ないものの、家に帰ればちゃんとご飯があって、綺麗な服とベッドが待っている生活が気に入っているらしく、何を作っても美味しい、ありがとう、と。

今夜は超簡単でとってもいけるオーブンで作るハニーマスタードチキンを作りました。ものの5分で用意して、Whole Foodsで買ってきたオーガニックのさつまいもと一緒にオーブンに入れるだけ。

さつまいもはオーブンで丸ごとだと時間がかかるので、半分に切って、オリーブオイルを塗っておきます。

ハニーマスタードのソースは、Dijon マスタード1/4、蜂蜜1/4、塩、コショウ、オリーブオイル大さじ1−2くらい、オレガノ少々を混ぜておきます。

オイルをひいたオーブンでもオッケーのお皿にチキンを並べて、混ぜたソースをドバッとかけます。この蜂蜜は補習校のバザーで買ってきてもらったOnekama Farmのもの。とっても美味しい蜂蜜です。

オーブンに入れて40分くらい。

出来上がり!

さつまいもも甘くてほっこり。白身魚でもどうぞ。時間も短縮できるかもです。忙しい夜に作ってみてね。

それではまた。

メープルと自作ルーで作った日本のカレー

フェイスブックやインスタでもご紹介しましたが、我が家に1歳の犬がやってきました。名前はメープル。気がつかなかったけれど、日本にいる親友の犬が楓ちゃん。おんなじ名前です。

いろんなシェルターに行ったり、サイトを見たりとかなり真剣に探してました。私的には前の犬(アニー)が可愛すぎて、他界した時悲しすぎたので、もう犬が当分いいかな、と思ってましたが、夫と子供に押され3対1で負けました。

うちには猫も2匹いて、最初はちょっと心配だったけれど、ようやくみんな犬のいる生活のペースに慣れてきました。やっぱり犬がいるのって、いいな。無条件の愛情をくれるのよね。

毎朝、毎晩お散歩に出かけているので、会社でやっている毎日1万歩歩くチャレンジも頑張って達成してます。Fitbitを会社がくれたので、毎日自分がどれくらい歩いてるのかすぐわかるし、チームで競っているので、しっかり歩かないとみんなに怒られる〜。

今娘と夫がカナダに娘のトリートメントの旅に出かけているので、私と息子だけでメープル様の面倒を見てます。まぁ手がかかるけれど、可愛い分いいか、って感じ。来週の土曜日まで息子と二人で頑張ります。

そんな中、今晩のご飯は息子のリクエストでカレー。グルテンフリーの娘がいないので、市販のカレールーで作ろうかな、とも思ったけれど、コリアンマーケットに行く時間も勿体無かったし、市販のだと色々と添加物が入ってるから(でも美味しいんだけど!)、自家製ルーで、グルテンフリーの日本のカレーを作って見ました。なんか、小学校の家庭科でやったような覚えがあるけど、美味しかったのかな??

まず鳥もも肉をぶつ切りにして炒めて、4カップのチキンストックを入れて、その後切った野菜を入れて20−30分煮込みます。

煮込んでいる間、カレー粉と米粉を大さじ4くらいずつ一緒に混ぜておいて、同じくらいの量のバターと混ぜ合わせ、フードプロセッサーで液状にしておいた玉ねぎを加えてルーを作ります。

野菜が柔らかくなったら、ルーを入れ、私はここにピューレ状にしたリンゴと、生姜とニンニクも加えました。

うーーーん、でも何かちょっと足りないので、クミンとかインド系のスパイスを加えて、なんとかカレーらしくなりました。

やっぱりカレー粉をそのまま使うよりも、自分で調合したほうがいいのかな。でもルーを使わなくても簡単に出来るんだとわかったし、米粉でも同じ食感だったので、また次回娘が帰ってきたらチャレンジしようと思います。

ではまた!

引っ越しました

こんにちわ。
色々ありましたが、先週の月曜日に引越ししました。実際こんなに大変なストレスがたまりまくった引越しは初めてでした。

4月30日に引越しするはずで、引越しのトラックに荷物が70%くらい入ったところで、バイヤーの書類に不具合があり、翌日に購入できないとの知らせが入り、トラックに積んだ荷物をまたガレージに運んでもらうという事態になりました。仕事柄イベントなどでのパニックには慣れているけれど、今回ばかりはパニックアタックになったのか、突然息ができなくなりました。

結局クロージングは5月6日となり、引越しは4日の土曜になりましたが、実際書類にサインをするまではドキドキものでした。

あと片付けている最中に夫が重い箱を持った瞬間に、上腕二頭筋が骨から外れて、救急へ。今週の水曜日に手術です。。。

でもやっと料理を作ったり、テレビをゆっくり見たり、洗濯ができるようになりました。もう少し日中に時間があると早く片付くと思うけれど、ゆっくりやって行きます。

昨日は母の日だったので、娘がグルメな夕食を作ってくれました。あと私の大好きなプリンも。とっても美味しかった。

Sweet Potato & Red Potato Gratin
Salmon with Lemon & Rosemary
Cole Slaw

息子からもメッセージをもらい、思いっきり愛を感じました。ありがとう。

やっとここまで来ました

こんにちわ。ご無沙汰してます。
前回書いてからもう2ヶ月経ち、あれ、引越しはどうなったかな?と思われてる方もいるかと思います。実はあれから結構大変でした。

1. 家が売れたと思ったが、バイヤーがとんでもないことを言い出したので、契約を破棄。
2. その2日後に地下が浸水し、保険や地下全面工事の依頼(壁からカーペットまで)
3. 買おうと思っていた家の契約がダメになる。
4. 浸水で家中めちゃくちゃで臭いのに、どうしても見たいという人がきて、すぐオファーをもらった。
5. 地下の壁も綺麗にペイントしたところで、新しいバイヤーのインスペクションがあり、地下の壁にヒビが入っているのがわかり、その工事が必要となった。
6. 新しい家を探して、1週末で見つけた!
7. 新しい家のインスペクションやら契約やら
8. ヒビの工事のためにせっかく綺麗に直した地下の壁を取り除く(涙)。
9. 昨日やっと荷造り開始
10. 本日ヒビの修復工事。半日なのにすごく高い!

まぁこんなところです。

家を売買するのって大変!インスペクションで他人にずっと住んで来た家を批判されるのって精神的に厳しい。自分を非難されてるみたいで。でもみんなビジネスだから仕様が無いのはわかってるんだけど。

フィリーのダウンタウンからこっちに来た時は、こんなに大変じゃなかった気がする。覚えてないだけなのかな?

今週中に地下のヒビと壁の修復とカーペットを終えれば、工事はおしまい。いらない家具はFaceBookの Buy Nothing in Cherry Hill に出したら即貰い手がついて、ダイニングセットともう一つだけCraigslistに出したらすぐ売れました。最小限の家具をもって行くつもり。あとは荷造りだけ。フルで働いてると、こういう時時間的にキツイね。

仕事も2ヶ月かけて計画していた大きなイベントをやっと先週終えて、やっと一息つけるような感じになりました。家のことと仕事がすごく大変だったので、この2ヶ月心底しんどかった。でももう大丈夫。。。と願ってます。

何も起こらなければ引越しは4月30日(あと1週間!)。入居は翌日です。Haddon Township の今の家よりもっと小さめの家で、庭も小さい(ここが一番の利点)。もっとフィリーに近くなるし、通勤も15分短縮。Collingswoodにも近いです。遊びに来てね。

それではまた!

娘がアールグレーのフレンチマカロンを作りました。美味しかったよ。



もうすぐ引越し…か?

ご無沙汰してます。

昨年6月に会社が企業に売却され、私の仕事はどうなるか、と心配していたのが嘘のように忙しい毎日。一時は、解雇されたらこの際フリーになってしまおうかと思っていたのに、逆に少しだけ(本当に少しだけ!)プロモーションされて、逆に忙しくなってしまいました。

でも仕事がよくできるアメリカ人の若者に混ざっての仕事で、ちょっと周りに気を使ってます。というかかなり気を使ってると思う。一応私は買収された会社にいた訳だし。

私は小さな会社の中で色んなことをやって、会社がやってることが把握できるような環境が好き。大企業はあまり性に合わないけれど、まぁ出来るところまでやって見て、それから色々考えてもいいかな、と。好きな業界だしね。

家の方もマーケットに出して6ヶ月経ち、2月まで待って売れなかったら、あと2年ここに住もうと話していた矢先にオファーがいくつか入って、先週末に同意書にサインしました。

ただ買い手のご家族はすぐにでも入居したいということで、引越しは3月20日、引き渡しはその次の日。もう引越ししないだろうと思っていたので、次の家を探していなく、とりあえず良さそうなところをリアルターにリストアップしてもらいました。そして一件だけ私が探して見たいところがあったので、そこを一番最初に見て、「ここだ!」と。(その後一応5件くらいは見たのよ)

ということで何も起こらずこのままいけば、新しい家に来月引っ越します。Barringtonという小さな街で、Haddonfieldまで2マイル。フィリーまで15分。私のオフィスまで20分ちょっと。通勤が随分楽になります。

引越しまであと3週間。まだ引越し屋さんも、なーんにも予約してません。最低限の物を持って行こうと思ってますが、どうなることか。

今日は写真なしだけど、また写真入りで報告しますね。

今年もお世話になりました

もうすぐ大晦日ですね。アメリカにいて、日本はいいなぁと思うのはお正月どき。母はお節とお屠蘇をしっかり用意する人だったので、私はお節料理が好き。大好物は伊達巻、田作り、なます。フィラデルフィアでも最近はおせちを頼めるようになったけれど、手間もかかるし、うちではお雑煮くらいしか用意しません。

お節は無しだけれど、我が家では年末必ずお餅を作ります。最近はアジア系スーパーに行けば真空パックのお餅も売っているけれど、何せうちは量を食べるので、もち米だけ買って、たくさん作って切り餅にして冷凍しておきます。息子は磯部巻きや、お餅に納豆とお醤油をかけて。娘はきな粉餅か、フライパンにオリーブオイルや、バターを引いて、チンしたお餅をさっとフライパンで焼いて香ばしくして、そこにお醤油をかけて食べるのが大好き。これは友達のサラに教えてもらったレシピ。

子供達が小さかった頃は、学校帰りによく友達を連れて来て、一緒に磯部巻きを作りました。アメリカ人はまずお餅自体見たことがなく、餅といえば Mochi Ice Cream (雪見だいふく)のことだと思っているので、最初は食感にちょっとびっくりするけれど、食べ慣れると大好きになってくれます。でもお母さんに説明してもお餅が何かわかってくれない、と言ってましたけど。

母のようにお節は作らないけれど、子供の時は気がつかなかった父と母が築いた家族の中の小さな伝統が、アメリカの方がもう長い私の中に残っています。同じように我が家恒例のお餅作りは、うちの子供達の小さなトラディションになるのでしょうか。子供達がそれぞれの家庭を持っても、このずっと覚えてくれたらうれしいと思います。

来年はどんな一年になるのでしょうか?皆様どうぞ良いお年をお迎え下さい。

祥子

落ち込んではいられない · Black Fridayで買ったもの 

アメリカ東海岸は随分寒くなって来ました。家族が我が家に集まったサンクスギビングも終え、通常通りの生活リズムが戻って来ました。

娘11月は具合が良くなく、みんなで随分落ち込んでました。おそらく大学生活に慣れて来たのと、勉強もどんどん大変になりドーッと疲れが出て来たのと、季節の変わり目ということもあったと思います。まだ偏頭痛は治まっていないけれど、やっと精神的に落ち着いたよう。Physical Therapyもやっと良さそうなところを大学の近くで見つけて、通い始めました。

住居が変わると、今まで行っていた病院やカイロ、セラピーなど、全部新しくしなければならないという不都合が出て来ます。新しい施設を見つけるのがまた難しい。特に今回のように急に具合が悪くなった時は困りました。今回娘がSOSの電話をして来た時、夫は仕事を早退してすぐに迎えに行き、そこからかかりつけの病院の救急に走りました。娘の学校まで1時間ちょっとなので、そう大変ではないけれど、こういう時フィラデルフィアの大学だったらもっと近いのに…。

今回は今までなかった症状(全身の痺れや麻痺したような感覚)が出たので、娘、怖かったと思います。私も夫も正直怖かった。WebMDで症状を検索すると、怖い病名がたくさん出て来て。でも脳外科で診断してもらったところ、おそらくそれらは偏頭痛からくる症状で、「とりあえず偏頭痛をなくすことから始めましょう、試せることは色々あるから大丈夫」と言われ、すこし気持ちが楽になりました。今まで薬をなくすことを主に考えていたけれど、今回ばかりは緊急の時のための薬を処方してもらいました。

そんなこんなで暗かったので、気分転換にBlack Fridayでお買い物。

DSWでショートブーツを2足。嫌いだったら簡単に返品できるのがアメリカの良いところ。チーズグレーダーが壊れたので新しいのを購入し、最後にAmazonで安くなっていて、前から欲しいなぁと思っていたAnovaのSous Vide(真空調理器)を64ドルでゲット。その次の日に配達されたので、早速使用して見ました。

1

深い鍋に水を張って、説明書に従って温度をセットし、生のサーモンステーキ、塩胡椒、ワイン少々をジップロックに入れて、お鍋に入れます。水温がどんどん上がって、125度になったところでその温度が一定に。35分セットしたらこんな感じになりました。

3

本当は真空状態にするべきだけれど、うちには真空パックにする機械(Vacuum Sealer)がないので、かなり適当。でもしっかり中まで調理されてました。真空調理のメリットは、栄養と旨味を逃さないこと、そしてジューシィで軟らかくできること。特にタンパク質系や根野菜、リンゴなどにも使うことができます。このサーモン、仕上げに焼き目をつけて出来上がり。パサつきが全くない、美味しいサーモンステーキでした。

5

鳥の胸肉などパサつかずに調理できるらしいです。次は真空パックにするVacuum Sealerが欲しい。Sous Vide ジャーニーは続きます。

………..

ちなみに今日はGiving Tuesdayだったので、近くのアニマルシェルターにペットフードを寄付。これもAmazonから。世の中本当に便利になりました。

それではまた。

スープの季節になりました – 忙しい、忙しいとは言いたくないけれど。

10月からフリーランスの仕事がこれでもかと言うくらいどわーっと入ってて、仕事から帰って来てまた仕事、週末も仕事のこの頃。

と言うのもうちの夫の従兄弟がフィラデルフィアのダウンタウンにベーカリー/カフェを出したので、それに伴うバック、メニュー、ポスター、そしてお店のウォールアートなどなど、印刷もの全てのデザインを引き受けたから。これはフルタイムの仕事量だ、って思うくらいで、それもぜーんぶ期限ギリギリで正直きつい。ブログ書いてる暇はない….はず。

若い時は徹夜で仕事しても回復が早かったのに、もうそんなことは絶対できない。少なくとも5時間は寝ないと次の日の仕事が辛いし、何しろ運転が怖い。ましてや、今週末はDay Light Savingだったので、これから数ヶ月は暗くなるのも早くなって帰りは真っ暗。あー憂鬱。

若い時はどこでもいつでも寝られたのに、プチ更年期か娘の健康のことが心配なためだったのか、ある日突然寝られなくなってしまった。それからもう4年くらい経つけれど、まず寝付こうとすると、心拍が早くなってしまう。メラトニンなんてもう効かないので、薬のお世話になること頻繁。自然体でいたいけれど、寝ることに関しては、背に腹は変えられないところまで来ている。ヨガとか瞑想などやればいいんだけど。。。そこのところはズボラ。

やっぱり疲れているのか、1週間で2回も接触事故を起こしてしまった。1回目はバックしたら停車中の車のバンパーをガツンとぶつけ、2回目は昨日、走っているときに運転席側のバックミラーと隣の車の助手席側ミラーをぶつけちゃった。1回目はあちらの損傷がゼロだったので、見逃してもらったけど、昨日は私が誤って、保険なしで全額支払います、と警察も呼ばず。ミーティングに向かっている最中で慌てていたからこんなことになって。まぁサイドミラーはそうでもないだろうけど、いい人でよかった。事故起こすと保険料あがるからね。


話は変わって。。。

こんな状態でここのところ料理もしていなかったし、少し寒くなってきたので、冷蔵庫に作り置きしておけるスープを作りました。スープはランチにも持っていけるし便利。昨日ターキーの挽肉とブロッコリーロブを買って来たので、今回はItalian Wedding Soup みたいなスープにしました。

Italian Wedding Soup は、チキンストックにグリーンの葉っぱの野菜(エンダイブとか)、小さなミートボール、Orzoなどの小さいパスタ、そして溶き卵、パルメザンチーズが入っているけれど、私のスープは卵なし(と言うか卵入れるの忘れた)。

ターキーに卵、パン粉(私はグルテンフリーのパン粉)、にんにく、塩胡椒、オレガノなどのスパイス適当、パルメザンチーズを入れてモミモミして小さなミートボールを作り、それをフライパンでこんがり焼いておきます。(ミートボールを作る時は、チーズを少々入れると断然美味しくなります)もっと小さいミートボールにしようと思ったのに、大きくなってしまった。

fullsizeoutput_4b83

fullsizeoutput_4b88

ブロッコリロブは1分くらい軽く茹でておきて、小さく切っておきます。

お鍋で水を沸騰させて(またはチキンストックを鍋で温めて)ブイヨンなどでストックを作り、そこに野菜を全部入れて柔らかくなるまで5分から10分くらい煮込みます。もしパルメザンチーズの端っこなどがあったら、それもここに入れちゃいましょう。

fullsizeoutput_4b8a

ちなみに私がいつも使っているチキンストックのブイヨンはこれです。(写真ぼけてます)ペースト状なのでチャーハン作るときにも重宝してます。VegetableとChicken 常備

fullsizeoutput_4b8b

味を適当に整えて、ミートボールをスープに入れたら出来上がり。ここにご飯やパスタを入れてもいいし、溶き卵もやっぱりいいですね。ブロッコリロブは、本来はちょっと苦味がある野菜だけれども、スープにすると苦味がほとんどなくなります。

fullsizeoutput_4b8d

パルメザンチーズをちょこっとふりかけてどうぞ。20分もあればできますよ。

仕事の方は、あとちょっと頑張ります。

健康が何より一番大事

以前娘のカナダのドクターについて書きましたが、あちらの方からGoogleにレビューを書いて欲しいと言われたので、書かせてもらいました。そこからたまに、このクリニックについての質問などのメールをいただくことがあります。

数ヶ月前に17歳のカナダ在住の男の子からメールをもらいました。彼のメールには、一応予約はしたのだけれど、このドクターはどうなのか、どういった治療なのか、治療結果はどうだったのか、と言うような質問がありました。患者の親の立場から聞かれた質問に返答すると、数日後にまたメールが来ました。

彼は8年前から何回か脳震盪を起こしたあと、交通事故に合い、ムチウチになったあと、元の健康状態に戻れなかったそうです。症状としてはめまい、毎日何度も起こるホットフラッシュ、そして一番辛いのが頭皮がとてもセンシティブになって、雨の日など外に出られず、髪を洗うこともできないとのこと。8年間ずっとアクティブなことをできなかったので、体も弱くなってしまったと書いてありました。

もうそろそろ彼がクリニックに行く頃だな、と考えていた矢先に昨日メールをもらいました。うちの娘はPOTSと診断されたと言うことを以前書いた後、彼はPOTSについて色々リサーチしたようです。そしてもしそうなら、今後の治療についても方向性が持てる、と。

POTSについて少し…

簡単なテストで POTS かどうか知ることができます。でも残念なことに専門家が少ないために(専門家でなくてもできるテストだれど)何ヶ月も予約が取れないことも多いようです。そしてPOTSと診断されるのにとても時間がかかるケースが多いです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヘッドアップティルト試験

ちなみに POTS のことを知っている人が最近多くなりました。と言うのもスーパーボールのチャンピオン、フィラデルフィア・イーグルスのクオーターバック、Nick Foles の奥様が POTS と戦っていて、そのことが新聞に載ったから。この記事が出た後に、何人にPOTSのことを聞かれたことか。彼の活躍で、このあまり知る人がいなかった症状は一気に有名になりました。

うちの娘は現在大学の寮に住んでいます。4つのシングルルームが一つの部屋になっていて、共同のリビングルームもあり、エアコン、バスルームも2つある快適さ。というのも、4人のうち3人は健康に問題がある子たちだから。重度の喘息持ちの子、娘、そしてもう一人の子もPOTS(娘よりももっと重い)なので、こういう高待遇なのです。(3人目の子はバスでの移動が無理なので、キャンパスを移動する時は送迎車がきてくれるそうです。)

外から見れば健康に見えるけれど、健康でない子達。。。普通の子の3倍も4倍も頑張らないとついていけない毎日。娘曰く、読むのも、理解するのも、覚えるのも、人一倍時間がかかる、と。やっぱり脳障害があるから。

でも頭痛とも戦いながら、娘、本当に頑張ってます。

カナダの青年は、8日後にクリニックへ行くようです。帰ってきたら、結果はどうであれ必ずメールをくれるとのこと。彼のご両親の気持ちも痛いほどわかります。会ったこともない子だけれど、本当に良くなって欲しいと心から祈っています。

ニューヨークに行って来た

先週の土曜日に久しぶりにニューヨークに行って来ました。それも家族みんなで。

大学に住んでいる娘とその近くに住んでいる息子に、9時半にピックアップするからね、と年を押したにも関わらず、娘からは電話をしてもテキストをしても応答なし。寮に到着して、娘の部屋を覗くと、なんとぐっすり寝ていました。前の晩、パーティがあって遅くまで遊んでいたらしい。。。息子は時間はキッチリ守るので、待ちくたびれて怒ってました。

その日の目的は日本のフードショー。滅多に公私混同しないのですが、今回は特別。日本の食品、地酒、ビールなど楽しませていただきました。

息子のリクエストでそのあと、Soho (というかチャイナタウン)のTaiyaki のソフトクリームのお店へ。抹茶、黒ごまソフト。まぁまぁってところかな?おそらく日本の方が美味しいでしょう。可愛いんだけど、味にパンチがなかったのが残念。これで8ドルは、うーーーん、高いのか、そんなもんなのか。

IMG_1356

そのあとは地下鉄でBroadwayへ。家族がみんな揃ってニューヨークの地下鉄に乗るなんて、何年振りか。そもそも家族が集まって、こういう風に外で遊ぶのはすごく久しぶり。

ミュージカル好きの夫、息子、娘のリクエストで、Wickedに直行。6時までにWicked のLotteryに名前を入れて、当たれば一人30ドル(オーケストラ席)で観れるとのこと。土曜日の夜の舞台だったので、競争率が高くてダメでした。

そのすぐ隣に今年トニー賞を取った “Once on this Island” のシアターがあり、テレビのGLEEに出ていたAlex Newell が。彼はこのショーのスターの一人。何気なくLotteryのテーブルで手伝ってました。そこでもLotteryがあったので、一応名前を入れました。

でも立ち見席のみで一人50ドル。私は「立ち見なんて嫌だよ、今日は歩いたし、疲れたし、立ち見で50ドルなんて高いし」とブツブツ文句を言っていて、心の中では「当たらなければいいなぁ」なんて思っていました。もちろん、大当たり。まぁ子供達の為に仕様がないか、と腹をくくり、8時ちょっと前にシアターの立ち見席へ。座っている人たちを横目で見ながら、まだ心の中でグズグスと文句を言ってました。

舞台は真ん中にあって、席は舞台の周りにあるタイプ。始まって10分くらいは足をモジモジさせたりしていたけれども、この90分(休憩なし)の舞台、立っていることも疲れていることも忘れるくらい120%素晴らしかったです。私いつも客観的で、あそこが良くなかったとか、あの人は下手だったとか文句を言うけれど、このショーに関しては歌、演出、舞台、ダンス全てすごかった。見たことないタイプのショーでした。”It’s not a show, it is an experience” とうちの子供たちが言った通りでした。(息子は4回目、娘は2回目)

もし機会があったらぜひぜひ行って見てください。ミュージカルはどうも、と言う方も、楽しめると思います。

https://www.onceonthisisland.com90907-11