ニューヨークから

先週木曜の夜から今週火曜の夜まで、コンファレンスとフードショーのためにニューヨークにきています。金曜、土曜のコンファレンスは無事終わり、明日の朝7時入りでフードショーの準備です。

今回は5日間タイムズスクエアのホテルに泊まっていますが、何と言ってもすごい人ごみに辟易してます。渋谷以上の人混みで、それもみんな歩くのが遅いので、隙間をうねりながら歩いてく感じ。タバコの匂いよりもマリワナの匂いがします。

土曜日の夜にカナダのトリートメントから帰ってきたばかりの娘が遊びにきて、今日日曜日は二人で遊びました。今回私はカナダに行かなかったので、娘を見るのは2週間ぶり。今日は二人で濃い1日を過ごしました。ブランチのあと、かき氷を食べにソーホーのBonsai Kakigoriへ。娘はいちごクリーム、私は抹茶。この抹茶生クリームののったかき氷、美味しかった。日本の手動式のかき氷機で作ってました。写真だと小さく見えるけれど、一番小さいのでも結構大きくてボリュームタップリ。

それからブロードウェイに戻り、娘がもう一回見たいと言ったWaitress を見ました。とっても良かった!でも子供向きではありません。1月で終わるみたいなので、見たい方はお早めに。映画と同じストーリーです。マチネのチケット、朝買いに行って上の方の席で60ドルでした。メゾニンでも充分よく見えます。
https://waitressthemusical.com

夜はユニオンスクエアの先の茶庵さんでご飯(私は豆腐丼、娘はうな丼)とほうじ茶あんみつをシェアして、お隣でみたらし団子を買って、大満足。ほうじ茶あんみつには、すごく美味しいほうじ茶アイスとほうじ茶寒天もついてきました。https://www.chaanteahouse.com

もうお腹超いっぱい。今日はニューヨークで日本の美味しいもの沢山食べてきました。

明日は6時起きでフードショーの準備です。長い1日になるけれど、頑張ってきます。ではまた!

Billy Joel と油淋鶏

先週の金曜日、ビリー・ジョエルのコンサートに行ってきました。彼は野球場ツアーを毎年していて、フィラデルフィアでのコンサートは今年で6回目だそう。音は野球場なので、まぁそんなに良くないけれど、天候もよかったので、雰囲気的には最高。

驚いたのは、彼って本当にもうお爺さん(70歳!)なのに、声もピアノもとっても良かったこと。さすがプロ。でも流石に出てきたときは「うぁーおじいちゃんじゃん!」とビックリ。自分で「僕は何も新しい曲がないから」と言っていたけれど、彼くらいヒット曲があると、全部歌えないのが残念だったかな。

アメリカのコンサートに行っていつも思うことは、みんな好きな時に立って、踊って、ノリノリの人がたくさんいるって言うこと。後ろの人が見えなくなることなんか全く眼中になし。私としては、Pitのあたりの席ならいいけれど、普通の席だったら、立って踊ったりするのは最後の方でそれまで自分を抑えようと思うけれど、そこがアメリカ人。でも夫曰く、コンサートなんだからいいんだよ、とのこと。でも高いチケット買って、見えなかったらなんだか損してるみたい?いつでも他の人に迷惑にならないように、と思ってしまうのは日本人だから??

野球場のコンサートだと、普通にみんなビールやお酒飲みまくってるから、結構酔っ払ってる人たちもたくさんいて、ちょっと胡散臭かった。マリワナ吸ってる人たちは普通の野外コンサートでもたくさんいるけど、これだけ酔っ払いが多いコンサートも珍しかったかな。私たちの横に座っていたグループ(みんな40台以上)と前の席のお兄ちゃんたちが取っ組み合いの喧嘩して、セキュリティに追い出されてた。ちょっと怖かった。ビリージョエルのコンサートで、いい大人が喧嘩するのも恥ずかしい。でもその人たちが追い出されてからのコンサートの後半は、とってもよかった。アンコールなんと5曲。みんなで歌ってビリーと合唱。楽しかった!

話は変わって。。。ここのところ、ブログに全く料理をアップしていなかったので、今回は超簡単、油淋鶏。Aldiでオーガニックの鳥の胸肉を買ってあったので、あとは冷蔵庫にあった香菜とネギを乗せて美味しい一品ができました。

胸肉は片栗粉を軽くまぶして、フライパンでカリッと焼きます。揚げないで焼くとサッパリ目の油淋鶏になります。ソースはお醤油と酢(2:1くらい)とお砂糖(1)と水(1/2カップくらい)を電子レンジで1分チンしておきます。

焼きあがったらこんな感じに切って、ソースをかけ、薬味野菜を乗せます。出来上がり!

こんなに簡単にアジアンの一品できます。試して見てね。ご飯がすすむよ。

引っ越しました

こんにちわ。
色々ありましたが、先週の月曜日に引越ししました。実際こんなに大変なストレスがたまりまくった引越しは初めてでした。

4月30日に引越しするはずで、引越しのトラックに荷物が70%くらい入ったところで、バイヤーの書類に不具合があり、翌日に購入できないとの知らせが入り、トラックに積んだ荷物をまたガレージに運んでもらうという事態になりました。仕事柄イベントなどでのパニックには慣れているけれど、今回ばかりはパニックアタックになったのか、突然息ができなくなりました。

結局クロージングは5月6日となり、引越しは4日の土曜になりましたが、実際書類にサインをするまではドキドキものでした。

あと片付けている最中に夫が重い箱を持った瞬間に、上腕二頭筋が骨から外れて、救急へ。今週の水曜日に手術です。。。

でもやっと料理を作ったり、テレビをゆっくり見たり、洗濯ができるようになりました。もう少し日中に時間があると早く片付くと思うけれど、ゆっくりやって行きます。

昨日は母の日だったので、娘がグルメな夕食を作ってくれました。あと私の大好きなプリンも。とっても美味しかった。

Sweet Potato & Red Potato Gratin
Salmon with Lemon & Rosemary
Cole Slaw

息子からもメッセージをもらい、思いっきり愛を感じました。ありがとう。

やっとここまで来ました

こんにちわ。ご無沙汰してます。
前回書いてからもう2ヶ月経ち、あれ、引越しはどうなったかな?と思われてる方もいるかと思います。実はあれから結構大変でした。

1. 家が売れたと思ったが、バイヤーがとんでもないことを言い出したので、契約を破棄。
2. その2日後に地下が浸水し、保険や地下全面工事の依頼(壁からカーペットまで)
3. 買おうと思っていた家の契約がダメになる。
4. 浸水で家中めちゃくちゃで臭いのに、どうしても見たいという人がきて、すぐオファーをもらった。
5. 地下の壁も綺麗にペイントしたところで、新しいバイヤーのインスペクションがあり、地下の壁にヒビが入っているのがわかり、その工事が必要となった。
6. 新しい家を探して、1週末で見つけた!
7. 新しい家のインスペクションやら契約やら
8. ヒビの工事のためにせっかく綺麗に直した地下の壁を取り除く(涙)。
9. 昨日やっと荷造り開始
10. 本日ヒビの修復工事。半日なのにすごく高い!

まぁこんなところです。

家を売買するのって大変!インスペクションで他人にずっと住んで来た家を批判されるのって精神的に厳しい。自分を非難されてるみたいで。でもみんなビジネスだから仕様が無いのはわかってるんだけど。

フィリーのダウンタウンからこっちに来た時は、こんなに大変じゃなかった気がする。覚えてないだけなのかな?

今週中に地下のヒビと壁の修復とカーペットを終えれば、工事はおしまい。いらない家具はFaceBookの Buy Nothing in Cherry Hill に出したら即貰い手がついて、ダイニングセットともう一つだけCraigslistに出したらすぐ売れました。最小限の家具をもって行くつもり。あとは荷造りだけ。フルで働いてると、こういう時時間的にキツイね。

仕事も2ヶ月かけて計画していた大きなイベントをやっと先週終えて、やっと一息つけるような感じになりました。家のことと仕事がすごく大変だったので、この2ヶ月心底しんどかった。でももう大丈夫。。。と願ってます。

何も起こらなければ引越しは4月30日(あと1週間!)。入居は翌日です。Haddon Township の今の家よりもっと小さめの家で、庭も小さい(ここが一番の利点)。もっとフィリーに近くなるし、通勤も15分短縮。Collingswoodにも近いです。遊びに来てね。

それではまた!

娘がアールグレーのフレンチマカロンを作りました。美味しかったよ。



寒い日にはチキンカレー / HAFUを観て

昨日は本当に寒かったですね。朝出かける時の車の中は華氏10度(マイナス12度)でした。オフィスの中も何となく寒くて、一日中スペースヒーターをつけていました。こういう日は絶対カレー!週末にオーガニックチキンを買っておいたので、チキンカレー。

以前は普通に日本のカレールーで作っていたのが、娘とともにグルテンをやめたのをきっかけに、日本のカレールーを使わなくなりました。たまに作る時はルーから米粉で作るので、MSGなしのカレーは何と無く物足りない。。。という感じ。でもこれを使うと日本のカレーではないけれど、とっても美味しいカレーができます。しかもグルテン、添加物なし。ものの20分でできますよ。私はアマゾンで購入してますが、Wegmansで売ってるかな。

トレジョーで買ったギーを使ってチキンと玉ねぎを炒めます(もちろんバターでもオイルでも)。ギーは煙点が高いので炒め物に最適で、ラクトース、カゼイン、乳固形分等もなしなので、乳アレルギーでも大丈夫で、ココナッツオイル同様の中鎖脂肪酸を多く含む優れものです。バターよりもさらっとしてる感じ。そこにこのカレーペースト、水1カップを入れて20分くらい煮込めば出来上がり。超簡単で美味しいです。

出来上がりはこんな感じ。

軽く炒めたほうれん草と一緒に。日本のカレーよりもさらっとしているので、ジャガイモやカリフラワーなどを入れるともう少しとろっとなるかも。義理姉にもらったソノマの美味しいワインと一緒にいただきました。

さて話は全く飛びますが、Amazon Primeでちょっと古いHAFU (ハーフ)というドキュメンタリーを観て、考えさせられました。ハーフの子供達をもっていてこの映画を観た方々、どう思いました?

私はハーフではないけれど、こちらに住んでいる期間の方が長くなってきているので、自分のアイデンティティーについて考えるときがあります。アメリカにいればやっぱり外国人だし、日本に行っても日本人に成り切っていない自分がいます。逆に自分の中では日本に行くときも「帰る」、日本からアメリカへも「帰る」、自分の国が2つある感じだけれど、同時にどちらにも完全に属していない気持ち。

子供達はどう思ってるのかな。今度聞いてみようと思います。まだ観てない方、観てみてください。http://hafufilm.com/en/about/

Stay warm!

今年もお世話になりました

もうすぐ大晦日ですね。アメリカにいて、日本はいいなぁと思うのはお正月どき。母はお節とお屠蘇をしっかり用意する人だったので、私はお節料理が好き。大好物は伊達巻、田作り、なます。フィラデルフィアでも最近はおせちを頼めるようになったけれど、手間もかかるし、うちではお雑煮くらいしか用意しません。

お節は無しだけれど、我が家では年末必ずお餅を作ります。最近はアジア系スーパーに行けば真空パックのお餅も売っているけれど、何せうちは量を食べるので、もち米だけ買って、たくさん作って切り餅にして冷凍しておきます。息子は磯部巻きや、お餅に納豆とお醤油をかけて。娘はきな粉餅か、フライパンにオリーブオイルや、バターを引いて、チンしたお餅をさっとフライパンで焼いて香ばしくして、そこにお醤油をかけて食べるのが大好き。これは友達のサラに教えてもらったレシピ。

子供達が小さかった頃は、学校帰りによく友達を連れて来て、一緒に磯部巻きを作りました。アメリカ人はまずお餅自体見たことがなく、餅といえば Mochi Ice Cream (雪見だいふく)のことだと思っているので、最初は食感にちょっとびっくりするけれど、食べ慣れると大好きになってくれます。でもお母さんに説明してもお餅が何かわかってくれない、と言ってましたけど。

母のようにお節は作らないけれど、子供の時は気がつかなかった父と母が築いた家族の中の小さな伝統が、アメリカの方がもう長い私の中に残っています。同じように我が家恒例のお餅作りは、うちの子供達の小さなトラディションになるのでしょうか。子供達がそれぞれの家庭を持っても、このずっと覚えてくれたらうれしいと思います。

来年はどんな一年になるのでしょうか?皆様どうぞ良いお年をお迎え下さい。

祥子

ニューヨークに行って来た

先週の土曜日に久しぶりにニューヨークに行って来ました。それも家族みんなで。

大学に住んでいる娘とその近くに住んでいる息子に、9時半にピックアップするからね、と年を押したにも関わらず、娘からは電話をしてもテキストをしても応答なし。寮に到着して、娘の部屋を覗くと、なんとぐっすり寝ていました。前の晩、パーティがあって遅くまで遊んでいたらしい。。。息子は時間はキッチリ守るので、待ちくたびれて怒ってました。

その日の目的は日本のフードショー。滅多に公私混同しないのですが、今回は特別。日本の食品、地酒、ビールなど楽しませていただきました。

息子のリクエストでそのあと、Soho (というかチャイナタウン)のTaiyaki のソフトクリームのお店へ。抹茶、黒ごまソフト。まぁまぁってところかな?おそらく日本の方が美味しいでしょう。可愛いんだけど、味にパンチがなかったのが残念。これで8ドルは、うーーーん、高いのか、そんなもんなのか。

IMG_1356

そのあとは地下鉄でBroadwayへ。家族がみんな揃ってニューヨークの地下鉄に乗るなんて、何年振りか。そもそも家族が集まって、こういう風に外で遊ぶのはすごく久しぶり。

ミュージカル好きの夫、息子、娘のリクエストで、Wickedに直行。6時までにWicked のLotteryに名前を入れて、当たれば一人30ドル(オーケストラ席)で観れるとのこと。土曜日の夜の舞台だったので、競争率が高くてダメでした。

そのすぐ隣に今年トニー賞を取った “Once on this Island” のシアターがあり、テレビのGLEEに出ていたAlex Newell が。彼はこのショーのスターの一人。何気なくLotteryのテーブルで手伝ってました。そこでもLotteryがあったので、一応名前を入れました。

でも立ち見席のみで一人50ドル。私は「立ち見なんて嫌だよ、今日は歩いたし、疲れたし、立ち見で50ドルなんて高いし」とブツブツ文句を言っていて、心の中では「当たらなければいいなぁ」なんて思っていました。もちろん、大当たり。まぁ子供達の為に仕様がないか、と腹をくくり、8時ちょっと前にシアターの立ち見席へ。座っている人たちを横目で見ながら、まだ心の中でグズグスと文句を言ってました。

舞台は真ん中にあって、席は舞台の周りにあるタイプ。始まって10分くらいは足をモジモジさせたりしていたけれども、この90分(休憩なし)の舞台、立っていることも疲れていることも忘れるくらい120%素晴らしかったです。私いつも客観的で、あそこが良くなかったとか、あの人は下手だったとか文句を言うけれど、このショーに関しては歌、演出、舞台、ダンス全てすごかった。見たことないタイプのショーでした。”It’s not a show, it is an experience” とうちの子供たちが言った通りでした。(息子は4回目、娘は2回目)

もし機会があったらぜひぜひ行って見てください。ミュージカルはどうも、と言う方も、楽しめると思います。

https://www.onceonthisisland.com90907-11

ちょっとした出会い

やっと金曜日。土曜よりも、日曜よりも金曜の仕事を去る瞬間が大好き。金曜日の午後は、もう仕事やりたくないモードになっていて、帰宅することしか考えられない状態。

今日は外もカラッと晴れて気持ちがいいので、ランチタイムはちょっと買い物に行ってきました。その帰りにいつも寄りたいな、と思っていたところへ。ここは夏の間だけ出ている小さな野菜屋さん。うちのオフィスはかなり田舎っぽいIndustrial Parkの中にあるので、ちょっと走るとローカルな農家が見つかります。

小さいテントの中には、トマト、とうもろこし、ナスなどが小綺麗に並んでいました。どの野菜も太陽の光を充分に浴びた色をしています。ここは無人な状態もよく見かけますが、今日はおじさんが野菜を整頓していました。「こんにちわ。綺麗な野菜ですね。」と声をかけ、まず採れたての小ぶりのとうもろこしを手に取り値段を聞くと、12本で5ドルとのこと。それでは少し多いので、6本買うことに。次にトマト、真っ赤でみるからに美味しそう。これ全部で2ドル。そして中位の大きさの綺麗な紫色のナスは2個で1ドル。グリルしたナスと生のトマトのサラダを作ろう。

おじさんに「このスイカ甘くて美味しい?」と聞くと、「だれも文句言ってこないから、美味しいと思うよ」とのこと。わたしが「なにが残念かって、スイカを切った瞬間に、これはまずいとわかった時よ」というと「もし甘くなかったら交換してあげるからまたおいで」と。最高にいい感じ。

おじさん、スイカ以外全部自分で作ってるそうです。スイカはおじさんのお友達作とのこと。

これら全部で10ドル。安い。常連になりそう。

とうもろこしはそのままグリルに入れて晩御飯に。

明日は娘が大学へ行く前の最後の週末なので、家族と友達を呼んで小さなパーティをする予定。他の野菜はその時に。スイカはデザートにします。

ではまた。

追加:スイカ今晩(土曜の晩)切りました。タネもほとんどなくて最高に美味しかったよ〜。おじさんに感謝。

fullsizeoutput_49e6

息子の卒業式

昨日息子が大学卒業しました。最初は化学専攻だった息子、途中で心理学、哲学のダブルメジャー、音楽マイナーに変更し、全部で4年半かかりましたがあっという間でした。金曜日はこじんまりとした学部の卒業式で、昨日は学校全体の式でした。学部の方では賞もいただき(ちょっと賞金も!)全体の卒業式のブックレットの賞の欄にも名前を載せていただきました。頑張った甲斐があったみたいです。私たちにとっても嬉しい限りです。

アメリカの大学の卒業式では、有名人を招いてお祝いの言葉をもらうのが普通です。今年の息子の大学はPaypalのCEOでした。2年前はオバマ大統領だっただけに、なんでPaypalの社長が来るの?と思っていたら、息子さんがこの大学を卒業するとのこと、そして彼のお母さんや他のご家族もRutgersの出身らしいです。彼だけが受からなかった、と言ってました。とても心のこもったスピーチでした。

寒くて大雨の中、外でポンチョを着ての卒業式でしたが、みんな幸せそうな顔で感動的でした。

9月から今度は娘が同じ大学に入学し、初めての寮生活が始まります。どうなることやら。。。。

IMG_5842IMG_5897

やっとイベントが終わった。

本業がここのところかなり忙しくて、ご無沙汰していました。

以前も書きましたが、私はグルメフードのディストリビューションの会社で、マーケティング仕事をしています。主な仕事は、グラフィックデザインのクリエィティブ系と、イベント関係です。普段は机にかじりついての地味な仕事なのですが、イベント関係の仕事は企画から構成までしているので、イベントの時は常に走り回ってます。

先週の月曜日、年間で一番大きな会社のイベントがありました。全部で125社の業者さんをよんでのフードショーで、顧客が600人以上きてくれました。そのあとに業者と顧客のためのパーティをディスコのようなクラブでして、100人くらいで飲んで踊って楽しかったです。日本人の業者さんと話していたのですが、アメリカの日系の企業のパーティはかなり地味なようで、やっぱり米企業はすごくアメリカンなんですね、とびっくりすると同時に、みんなすごく楽しんでました。

イベントが終わった後は、普段運動していないせいか、身体中が痛くなり、火曜からはゾンビのように会社に行ったので、今週末はゆっくり庭を片付けたり、家のことをしています。

今夜は義理の両親が夕食に来るので、久しぶりに料理をしています。お天気が随分良くなって、昨日庭を綺麗にしたので、主菜は外のバーベキューグリルでチキンとサーモンを焼きます。それから久しぶりにブロッコリースローを作りました。料理とも言えない簡単なサラダですが、生のブロッコリーを使うので、栄養満点。アメリカ人は平気で生のブロッコリーとかカリフラワーをディップにつけて食べますが、私はそういうのは苦手。でもこのスローは生なのに食べやすいです。

 

 

 

大きめのブロッコリーをよく洗って、細かく刻み、赤玉ねぎもお好みの量(私は1/4位)を大きめのみじん切りに切ってボールに入れます。クルミやアーモンドを細かく切ったものとドライクランベリーも一緒にボールに入れます。(私は通常ローストしていない生のナッツを買うので、クルミはトースターでさっと焼いてから刻みました)

ドレッシングは、マヨネーズ(1/3から1/4カップ程度)グリークヨーグルトかまたは普通のプレインヨーグルト(1/3から1/4カップ程度)、アップルサイダービネガーまたは他のビネガー大さじ2程度、砂糖(または蜂蜜)少々を混ぜます。お好みでレモンで味を整えて、野菜に混ぜ込みます。

IMG_5792

クランベリーがちょうど良いアクセントになって、バーベキューの季節には最適のサラダです。スロー系のサラダが大好きな私のお気に入りの一品。アメリカ人の友達にも良くこのレシピを尋ねられます。レシピというほどのものでもなく、ただ単に混ぜるだけの料理。お好みでニンジンなどを入れても綺麗ですね。

デザートにはアップルタルト(Gluten Free、Paleo Friendly)を作りましたが、初めて作ったので、食べてみて美味しかったら紹介しますね。

ではまた。