Hand Rolled Sushi & Almond Flour Birthday Cake

日曜日は友達のシェリーの誕生日でした。ドイツに単身赴任しているご主人がたまたま帰ってきていたので、お誕生日会を兼ねて夕食を作りました。

なんでも食べられるNon-Japaneseのゲストのためによく作る夕食の一つが「手巻き寿司」です。とは言っても、この辺はニューヨークのように、色々なお刺身やお寿司のネタがあまり揃っていないので、私のはなんちゃって手巻き寿司。

野菜は黄色のピーマン、ビーツ、人参、ズッキーニ、きゅうり、ねぎなどを全部千切りにしておきます。そのほか柔らかいボストンレタスや香菜などをお皿に盛っておきます。

IMG_5596

私は甘目の厚焼き玉子で育ったので、いつも甘い卵焼きを作ります。みりん、酒、砂糖、塩少々を入れて卵を焼き、冷めてから食べやすいサイズに切ります。エビとスモークサーモンとマグロがあれば充分。シラチャーソース(SRIRACHA SAUCE)とマヨネーズを混ぜたソースも作っておきます。これを入れて巻くと美味しいですよ。このマグロは私の仕事場で扱っている商品の一つで、いつも我が家の冷凍庫に入ってます。(写真は娘が巻いて一口サイズに切ったもの)

みんなでしっかり全部平らげました。

デザートはアーモンドプードル(Almond Flour)で作ったイチゴのショートケーキ。このスポンジケーキは卵で膨らませるので、バターもオイルも入っていません。(お砂糖は入ってます)でも柔らかくて冷めても美味しいです。グルテンなしのケーキです。

レシピはこちらから。Strawberry Almond Flour Cake – Click here

みんなで楽しくワインを飲みながら、お誕生日のお祝いをしました。

IMG_5600

また雪…but Snow Day today!

どんな嵐でも滅多に休みにならない私の勤務先、とうとう今回は休みになりました。おそらく七年の間、サンディの時とあと1、2回くらいしか休みにならなかったかな。外はシャカシャカ振ると雪が降りて来るスノーグローブみたい。10インチは軽く積もりそうです。

アメリカ人、雪が降っても、チェーンはまかない、スノータイヤもつけない、普通のタイヤで雪の中を走るところがすごい。高速道路は結構早く除雪されるから良いけれど、普通の道は後回しでツルツルしてるところもあります。私のJETTAももちろん普通のタイヤで、ちょっと怖いけど時々滑りながら走ります。

1日外に出ずにいるので、今日は料理と家事とちょっと仕事(私掃除大嫌いです)。前にPinterestに入れておいた、Gluten-Free Raspberry Financiersを作りました。マフィン型の大きさの小さいケーキです。小麦粉を使わないので、ふわふわのケーキではありませんが、アーモンドフラワーとテフ粉で作ったケーキは、どちらかというとEarthy。テフ粉はエチオピア原産のイネ科の粉で、全粒粉の小麦よりカルシウムと鉄分(小麦粉の3倍)の量が多い粉です。ちょっとそば粉っぽいかな。

砂糖(特にお菓子などには)はよくCoconut Sugar を使います。ボールの中の濃い茶色がCoconut Sugar。砂糖よりも栄養価が高く、血糖指数が低いのが良いところ。普通のお砂糖と同じ量で代用できますよ。卵は卵白のみ。(残った卵黄でプリンを作りました)卵白は撹拌せずそのまま粉類と混ぜるので簡単です。バターが入っているのでちょっとリッチな感じですが、ココナッツオイルで代用しても大丈夫かな?全部混ぜて、冷凍してあったラズベリーにちょっとだけお砂糖を混ぜて、マフィン型に入れた生地の中に入れて焼くだけ。焼きたてよりも冷ましてからの方が味が馴染んで、ちょっと酸っぱくて美味しいです。生地を作るのに10分かからず、オーブンに入れたら30分でできます。(レシピはこちらから

グルテンフリーを続けているのは、娘の偏頭痛にはグルテンを除く方がいいと勧められたからなのです。以前はグルテンフリーというと、「なんかまずそう」という先入観があったのですが、実際に小麦粉をやめてから、味覚が変わった気がします。やめて2、3ヶ月は、普通のケーキやクロワッサン食べたい!と思っていたのに、もうそういう感覚は完全になくなりました。私自身はグルテンアレルギーなどはないのですが、時々普通のケーキなどを食べると、すぐにお腹がはって重い感じになってしまうようになりました。でも最近では良いグルテンフリーの商品がたくさん出ていて、とても便利になりましたよ。

夕食はカレー。米粉で作ったルーと冷凍庫にあった牛肉で、ビーフカレーを煮込んでいます。

春は一体いつ来るんだろう。

IMG_5572

新潟フードショー in New York City

先週の土曜日は、お招きいただいた新潟県のフードショーに行って来ました。この日はSt. Patrick’s Dayだったので、朝から飲んでいる学生のグループがたくさん!みんなグリーンのシャツやアクセサリーをつけて、寒いのに薄着で頑張っているのを見て、若いなぁ。。。と。パレードで5th Avenueのあたりはどこも閉鎖されていて、お巡りさんに「あそこのレストランでイベントがあるんですけど。。」とお願いしてバリケードに入らせてもらい、やっとたどり着くことができました。(綺麗に撮れなかったけれど、写真はパレードのマーチングバンドが来るところ)

このイベントは、新潟県のお酒や食べ物、焼き物などを展示したB2Bのイベントでした。企画をされたのは以前仕事でお会いしてから仲良くなったアヤさん。彼女はコンサルタント、またライターでもあり、日経Womenなどにも記事を書かれているやり手です!明るくって一緒にいるとエネルギーをもらえます。

私が興味があるのはやっぱり食品関係。新潟の美味しいお水からできたお米は、美味しかった!ツヤツヤしていて、冷えても美味しいところがカリフォルニア米などとは違うそうです。私がいいなぁと思ったのは、米粉で作ったうどんと、半ナマのパックに入った、こちらも同じくグルテンフリーの麺でした。ツルッとしててどちらも最高。

あとは「かんずり」。全然知らなかったのですが、これ美味しいです。かんずりって、完成するまで四年もかかる発酵調味料で、塩漬けした唐辛子を雪の上にズラッと並べて、降った雪がかぶさってサンドイッチ状態になった唐辛子を掘り起こして洗ってから、糀、柚子、食塩と共に発酵させるんですね。そしてずーっと寝かせて、やっと商品化するらしいです。ピリッとしているけれど、さっぱりした深みのある辛さという感じです。
(写真は業務用かんずり)http://kanzuri.com

 

それからこの商品。

 

20センチくらいのステンレスのおろし金スプーンは、UchiCookという新潟ブランド。このモダンなデザイン、すごく気に入って、Amazon(アメリカの)で購入できると聞いたので先ほど早速買いました。(最近アメリカのAmazonでも日本のメーカーのものが買えて重宝しています。Harioなどたくさん出てますね。)

新潟のお酒もちょっとだけいただきました。

久しぶりのニューヨークはちょっと疲れましたが、やっぱり楽しかった。もう少し暖かくなったら、また遊びに行こうと思います。ニューヨークで女子会もいいですね〜。

 

Dry Needling と娘のこと

先週末娘を連れて理学療法 (Physical Therapy)に行って来たので、今日はそのお話を。でもその前にちょっと前置きが…

娘(今17歳)は中学一年生の時から数回脳しんとうを起こし、その後遺症で偏頭痛、めまい、眼、胃腸、などに色々と支障をきたして来ました。外科、脳外科、心臓外科、胃腸科、などなどあらゆる先生に数年にわたり見てもらいましたが、普通の病院や医師からはありふれたアドバイスと薬を処方されるだけで、これだ!と言った治療はなく、娘の症状もあまり良くならず、逆にひどくなっていきました。とにかく薬を処方されるだけで、その薬もどんどん強いものになっていきました。熱意をもってくれる医師にも会えませんでした。2度ほど偏頭痛が酷すぎて救急に駆け込んだこともありますが、その時に病院でできることといえば、点滴に強い薬を入れて、偏頭痛を紛らわせることだけでした。

そういう状況に嫌気がさして、娘と私たちはどんどん西洋医学から離れたことを試し始めました。と言ってもホリスティックなことでなく、薬を使わない整体や鍼、理学療法などです。モントリオールでは素晴らしい整体の先生に会いました。その整体のおかげで、娘の体調は数ヶ月ほど随分良くなりましたが、続きませんでした。でも藁にもすがる思いで、数ヶ月でも楽になるなら、とその後に2度ほど治療してもらいました。

娘にとって一番きつかったのは学校でした。後遺症で人が沢山いる所や、音や蛍光灯に敏感になってしまっていたので、カナダに行ってある程度良くなって帰って来ても、結局学校に戻るとまた元通りの症状に戻ってしまうので、高校2年の冬に学校を辞めること決め、とにかく少しでも元気になることに専念することにしました。これはおそらく一番大きな決断で、のち娘はこの時のことを大学受験のエッセイに書いてました。

学校を辞めてから、少しずつ整体に行ったり、ジムに行ったりしていましたが、これと言ってできるセラピーなどはなくて、どうしようかと思っていた時に、同僚の友人の娘さんがやはり脳震盪で娘と同じような状況にいて、カナダのドクターのところに行く、という話を聞きました。そこはトロントから1時間弱のところで、先生と電話でのコンサルティング(無料で1時間以上お話ししました)で行くことに決めました。「まぁうまくいかないかもしれないけれど、とりあえず行ってみるか」程度の期待しかなかったのですが、結果的にこの先生が娘の状況を画期的に改善してくれました。(写真はDr. Mooreと)

 

この先生が行なっているのは、Transcutaneous Electrical Nerve Stimulation -TENS (経皮的末梢神経電気刺激法) に似ている微弱な電流を流す機械を使って、事故やトラウマなどで硬くなっている筋肉の部分を柔らかくし、その後理学療法と運動で神経や筋肉を通常の状態に戻すセラピーです。娘は2週間毎日ここに通い、最後の日には滞在中に習った運動をして、自分の力で頭痛をなくすことができました。娘は今でも調子が悪くなると、この運動をして痛みを緩和させることができます。理学療法と運動をすることによって、服用していた薬も全部やめることができました。

現在でも娘は理学療法と時々整体に通っています。大検も終えて、今はコミニュティカレッジに通い、秋からは四年生大学の学生になります。ただやはり筋肉がすぐ硬くなりやすく、それを緩和させるために、勧められたドライニードルをしに、お隣のペンシルバニア州にいって来ました。(ニュージャージー州ではドライニードルは理学療法士はできないそうです)

長くなりましたが、ここからがドライニードルのお話。

私はドライニードルのこと自体知らなかったのですが、見た目は鍼のようなのですが、実は根本的なコンセプトが鍼とは違っているらしいです。鍼は体表のツボを問題とし、ドライニードルは筋肉内の痛む部位を問題とするかの違いらしいです。娘が好きだった過去の治療のおそらく一番が「鍼」だった(残念なことに頭痛には全く効果がなく、胃腸とアトピーに一番効いたのですが)ので娘はこの治療をちょっと楽しみにしていました。

針を痛む場所にさすと、実際に痛いところなので鍼よりも痛く、それにTENSで電流を流すと、筋肉がピクピクして来ます。20分ほどそのピクピク状態を続けておしまい。今回は初めてだったのでお手柔らかだったようですが、せっかく柔らかくなった筋肉をもっと良い状態にするために、今後はドライニードルの後に、少しずつ運動も取り入れて行くようです。嬉しいことにこのセラピーは理学療法の一部なので、保険がききます。(鍼はもちろん保険が効かず、一回行くごとに150ドルで、それを週二回3ヶ月続けたのでかなりの額でした。)

 

 

西洋医学も私たちの経験のように合う合わないがあるでしょうが、もし痛みに悩んでいて、薬の他にできることはないかな、と考えているならば、他のことを試してみる価値は絶対にあると思います。なんでもやってみたら何か自分に合っていることが見つかるかもしれません。

健康が何よりも一番です。

カバーの写真はGuelph, Ontario Canada

Daikon Soup

昨日はまた大雪で大変でしたね。このところカリビアンやメキシコの旅行サイトに行っては、青い海を夢見ています。早く春が来ないかなぁ。

最近はフリーの仕事が忙しくて、毎日帰宅して、ご飯を作って、それからMacBookを持ってテレビを見ながらフリーランスの仕事、という日々が続いています。(今一番好きなNetflix のドラマは The Crown、エリザベス女王のお話です。まだ見ていない方はぜひ。おすすめですよ。うちの夫はこのドラマをつけると寝てしまいますが… )最近多い仕事はソーシャルメディアやEmail関連のマーケティングの依頼が多いです。郵便や印刷はコストが高いので、みんなデジタル化してますね。この業界進化のスピードが早くて、ついていくのが大変です。

その点料理はいいですね。楽しいし、美味しいし。心もお腹も豊かになるし。

最近の私の料理の傾向は、簡単でさっぱり。こってりソースや揚げ物はほとんどしません。前は色々と手の込んだものも作ってましたが、仕事をフルタイムですればするほど簡単になって来ました。良い素材はその素材自体を味わえるように、最小限の調理、調味料で。そうすれば簡単楽チンしかも美味です。

昨夜は冷蔵庫に残っていた大根半分を全部使って、スープを作りました。大根と香菜のみのスープ。お味噌汁があまり好きでない家族のために、我が家でよく使うのが茅乃舎さんのお出しパックです。色々な種類がありますが、一番好きなのは野菜だしです。この出汁と塩コショウ(今回はコショウ多めで)だけでとっても美味しいスープが作れますよ。ちょっと薄いかなと思ったら、ブイヨンをちょっとだけ入れてもいいです。(茅乃舎さんのお出汁はちょっとお値段がいいので、二つパックを使うのは度胸がいります。)大根はちょっと厚めに切ると、調理にちょっと時間がかかりますがボリュームが出ます。食べる時にたっぷりの香菜を入れて見てください。ここに春雨などを入れてもいいですね〜。

茅乃舎さん、アメリカで購入できます。最近頑張ってますね。
https://usa.kayanoya.com

ちなみに私が愛用しているブイヨンはこれです。練り状なので、スープだけでなく、チャーハンや炒め物をするときに旨味調味料として入れると、さらにいい味が出ます。スーパーで普通に売っています。ただ完全なグルテンフリーではないと思うので、Celiac の方は要注意。
他の方々は是非お試しを。

 

 

 

 

Costco Chicken & Warm Salad

金曜日のストームは凄かった!うちの会社の電気とネットワークは3時間くらい止まってしまいました。ランチにいつものようにサラダを持って行ったけれど、暖房も止まってしまって、オフィスがどんどん寒くなってしまい、冷たいサラダを食べる気全くなし。二階にある会社のテストキッチンに行くとたまたまシェフがいたので、「何かあったかいもの作ってー」というと、シェフ曰く、ポータブルコンロでGrilled Cheeseなら作れるよ、と。普段は食べない普通のパン(外側がカリッ、サクッとしているイタリアンブレッド)と、Smoked Goudaチーズで美味くてあったかいサンドイッチを作ってくれました。美味しかった〜。

土曜日は1週間分の買い物に行って、掃除をして、髪を染めに行って、夫とPhoを食べてから映画に行ってと、忙しい1日でした。今日は今日で色々と忙しかったので、結局コストコで買って来たローテサリーチキンとサラダで夕食を済ませました。コストコのチキンはオーガニックでもなんでもないけれど、美味しいし、何と言っても4.99ドル。自分でチキンを作るのが嫌になるくらい安くて美味しいので、よく買います。残ったチキンはランチにもなるし、食べて残った皮や骨などは、そのまま水とお鍋に入れて煮込めばボーンブロスになります。私は冷蔵庫で冷ましてから上に浮いた脂肪を取り除いてから使います。リサイクルになるし、何にでも使えるのでぜひ試してみてください。

今日はあまり時間がなかったので、グリルしておいた残り物の野菜とルッコラ、トマトなどを適当に切って、出来立てのキノアと一緒に暖かいサラダを作りました。(キノアを作るときはブイヨンや、ボーンブロスを水の代わりに使うと美味しいです。)私のもう一つのお気に入りのドレッシングと混ぜて出来上がり。すっごく簡単ですよ。

ちなみにこのドレッシングは、日本のフレンチドレッシングみたいな感じです。野菜売り場によくおいてあります。Wegmansだと3.99、他のスーパーだと$4.99くらいです。サイズの割にはちょっと高めだけれどいいですよ。

みなさん、来週末まであと5日!今週も頑張りましょう。