French Crepes

庭のリンドウや水仙の芽もできてきて、毎日少しずつ春がすぐそこまで来てるんだなぁ、と思うと本当に嬉しいです。今週はちょっとグレイですが、明日は晴れるといいですねー。

娘が朝起きてきて、「朝ごはん、クレープ作って」というので、いつものクレープを作りました。子供達が小さい頃から友達がお泊りにくると、みんな決まって朝ごはんにはクレープをリクエストします。

うちの子供達は、小学校から外国語はフランス語をとっていました。子供達がある時フランス語の先生に『うちのお母さんはいつもクレープを作るよ」といったらしく、毎年学校で行われるフランス祭のための先生からのリクエストは「クレープの皮100枚」でした。クレープ100枚ってかなりの量で、一枚一枚大きなクレープをホットプレートで焼いたのは大変だったけれど、今となってはいい思い出です。

私が作るクレープは薄くて、外がカリッとしているタイプです。道具はCrepe Dough Spreader と呼ばれる木でできたヘラと丸いホットプレート。象印のホットプレートはもう20年以上使っています。このヘラはパリに行った時に、クレープの屋台のお兄さんがくれたもので、もう15年程使っています。

材料は4つ。
1. 小麦粉(我が家はグルテンフリーなのでグルテンフリーの粉)
2. 卵
3. ミルク(またはアーモンドミルク、豆乳などでもオッケー)
4. バター
だけです。うちの中にあるものでさっとできます。いつも適当に作るのですが、割合としては小麦粉(1カップ)、卵(1個)、バター(大さじ2位溶かす)、そしてミルク(大体3/4から1カップ弱。グルテンフリーの粉は水分をもっと吸収するので、もっと。)これを全部よく混ぜて、10分くらい放置して起きます。ホットプレートや大きめのフライパンをよく熱くして、適量をフライパンに入れて、ヘラで生地を薄く伸ばします(ヘラがない場合はスパチュラなどで代用)。生地がうまく伸ばせない場合はミルクをもうちょっと入れて、柔らかくするといいです。焼き目がついてきたらひっくり返して、裏面も焼き、もう一度ひっくり返して、具を入れて、たためば完成です。

子供達が一番好きなのはバターとお砂糖。あとはNutella. ちょっと甘めの朝食ですが、日曜日の朝は特別。デザート用ならアイスやバナナやイチゴを入れても美味しいですよ。甘くないタイプなら、ハムやチーズ、炒めたホウレン草などをを入れてもいいですね。

グルテンフリーの粉には米粉が入っているので、カリッとなります。そば粉などでもいいと思います。普通の小麦粉がもちろんスタンダードな生地です。

IMG_5430

Salad & Salad Dressing

夫と私はランチをほとんど毎日持って行きます。毎日のランチを作るのは面倒くさいけれど、夜のうちに作っておくと翌朝は楽チン。夕飯の残りを持って行くこともよくありますが、一番よく作るのはサラダです。

我が家の冷蔵庫にいつも入っている野菜達 …. アボカド、色んな色のペッパー、ルッコラやロメインレタス、きゅうり、ミニトマトなどなど。冷凍庫には皮なし枝豆、グリーンピース。

たんぱく質はゆで卵、グリルしたチキン(またはコストコのチキン)、夕食の残りのサーモン、時々グリルした木綿豆腐など。その日あるものによって変わります。

トッピングは炒ったナッツ、ドライクランベリー、フェタチーズ、パルメザンチーズ、フラックスシードなど。

グリルした野菜(ブロッコリー、ペッパー、アスパラガスなど)が入っているサラダも大好きなので、作る時は大量にグリルしてストックしておきます。

これらを適当に色々合わせてサラダを作ります。10分以下でできますよ。

ドレッシングは普通はオリーブオイル、アップルサイダービネガー、Dijon マスタード、塩、胡椒(少しパルメザンを入れてもGood!)で作りますが、時間がないときの為に市販のものも使っています。最近気に入っているのはコストコで見つけたアボカドオイルで作ってあるドレッシング。余計なものが入っていなく、甘くないタイプ。私は市販のドレッシングにはいつもアップルサイダービネガーを少し加えます。このお酢には生きた酢母 (Mother) が入っているので、心持ちヘルシーになるかな。

 

今日はオーガニックのアルファルファを上に乗せました。これを冷蔵庫に入れておけば、朝10分ゆっくり寝られます。

IMG_5376

Slow Roasted Sweet Potatoとオリーブオイル

アメリカのスイートポテトは鮮やかなオレンジ色で、日本のさつまいもよりも水分が多いです。最近ではWhole Foodsなどで、オーガニックの日本のさつまいもも購入できるようになりましたが、私はアメリカのものも大好きなので、どちらも料理に使います。

アメリカはオーガニックに関しては本当に充実していて、近頃ではどこのスーパーでもオーガニック食品を見つけることができます。オーガニック市場はどんどん拡大してきて、消費者にも手の届く値段になってきているので、家では出来るだけオーガニックを購入するようにしています。

素材がよければ、色々な調味料や手の込んだ料理は必要ないと思います。私は野菜をよくオーブンでローストしますが、オリーブオイルをささっとかけてオーブンに入れるだけ。出来上がったらレモンを絞るか塩胡椒をするくらいで充分。調味料は原材料に読んでもなんだかわからないものがある場合はほとんど買いません。

私がいつもコストコで買って愛用しているオリーブオイルはこれです。オリーブオイルはExtra Virginとラベルに書いてあっても、他のオイルがブレンドされている場合がよくあるので要注意。コストを下げるために業者がよくするテクニックです。本当のオリーブオイルは冷蔵庫に入れると完全に黄色っぽく固まりますが、他のオイルがブレンドしてあると凝固しません。これは輸入もの(イタリア、スペイン、ギリシャなど)に多いです。値段と比例していると思いますが、Whole Foodsで買っているから安心とは言えないです。逆にアメリカのFDA(食品医薬品局)は厳しいので、アメリカ産のものでExtra Virginと書いてあるものは純正です。

昨日は家にいたので、スイートポテトを低温でじっくりローストしました。SmittenKitchenという料理のブログからの応用です。オリーブオイルとヒマラヤンソルト(ピンクのお塩、もちろん普通のSea Saltでも)と胡椒をしっかり降って、そのままオーブンで2時間半275度で焼きます。そしてブロイラーで5−10分くらいで焦げ目をつけて出来上がり。オリジナルのレシピには付け合わせのソースなども載っていましたが、そのままで充分。(美味しいバターで食べるとさらにGood! ) スロークッキングだと味が濃くなって美味しいですよー。ちょっと時間がかかりますが、やって見てください。今度は日本のさつまいもで試して見ますね。昔の焼き芋のようになるかな?

 

Cheese Tasting

私の会社はSpecialty Foods (グルメフードやちょっと珍しい食品など)のディストリビューターなので、よく業者さんや輸入元の方々が来社して、商品紹介や教育のためにデモをしてくれます。

今日は主にヨーロッパのチーズのティスティングで、普段あまり食べないチーズを朝からしっかりいただきました。ストックしているチーズは600種類以上あるのですが、今日のデモはその中から売れ筋のものをいくつかピックアップしてもらいました。あとフェタチーズ(ギリシャの)もありましたが、食べるのに忙しくて写真撮るの忘れました…

昔からの手法でずっと同じように作られているチーズたちは本当に美味しい!私が一番好きなのはParmigiano-Reggiano。これはNon-pasteurized (低温殺菌されていない)で、本物のパルメザンチーズ。イタリアでも指定された5区域で作られたものしか、Parmigiano-Reggianoといえません(チーズの外皮にReggianoと押印されて入れば本物です)。これを贅沢にぐさっと切って、そのまま食べるのが好き。もちろんパスタなどにかけて食べても、サラダに添えても間違いなく美味しいです。あと羊のチーズにペッパーが入ったものもGood! バッファローのミルクで作ったモツレラチーズも美味しいですよ。

今度Whole Foodsやチーズショップに行ったら、Cheesemonger (チーズのソムリエのような人)と、色々話してみるのも楽しいと思います。チーズはとても奥が深いです。

 

Kitchen Gadget

今日は久しぶりの快晴で気持ちがいいですね。昨日ブログを始めたことをFacebookで公開したところ、早速たくさんの方々に来ていただきました。ありがとう!こうやって日本語で文章を書くと、違う部分の脳を刺激して老化を遅くさせるためにいいかも、、ですね。

さて今日はキッチンの便利ものについて。Gadgets はあまり買わないけれど、これはとっても重宝しています。前に小さめのSpiralizerを使っていましたが、ぐるぐる回していると手首が痛くなるので(ババくさいね)、大きい方をBed Bath & Beyondで購入しました。これだと野菜を固定させてハンドルを回せば簡単にヌードル状になります。

ズッキーニのヌードルはサラダなどの定番ですが、私はPotato Kugelを作るのにこれを使ってます。クーゲルはユダヤ料理には欠かせないキャセロールタイプの一品です。我が家はグルテンフリーなので、よく使われるパスタの代わりにジャガイモを使います。

まず玉ねぎ大をフードプロセッサーでピューレーに近い状態までにするか、グレーダーでおろします。ジャガイモ(4つくらい)は皮をむいて、ヌードル状にします。1/3カップ片栗粉、大さじ2−3位の塩、コショウ適量、卵3つ、玉ねぎ、ジャガイモ全部手で混ぜ込み、耐熱皿かCast Iron Panに入れて、オリーブオイルを上に適量かけてオーブンに入れます。耐熱皿などにはあらかじめしっかりオリーブオイルをひいておいてください。350度のオーブンで1時間15分くらい焼きます。

サワークリームとアップルソースで食べるのがユダヤ式です。パセリやローズマリーなどのハーブを入れても美味しいかも。付け合わせにも豪華な一品だし、ポットラックなどにもいいですよー。

Soup Sunday

週末はずっと雨。どんよりと曇って気分まで滅入ってきます。

最近胃の手術をした友達に持っていくためと、私達の今週のお弁当のために人参のスープを作りました。このヴィーガン(バターなしの場合)、グルテンフリーのスープはもう何十回も作っています。

玉ねぎ大1個をバターやオリーブオイルでソテーして、皮をむいてぶつ切りにしておいた1.5 パウンド(約700グラム)の人参とセロリ2本をお鍋に入れて、ベジタブルブロスをひたひたになるまで入れて、コトコト煮込みます。これがベースで、お好みでレッドカレーペーストや、生姜などを入れてもよし。柔らかくなったらハンドミキサーでピュレー状にして、お好みのスパイスで味を整えたら出来上がり。簡単だけど栄養満点なスープです。

Beet Slaw

今日は金曜なので本当は映画にでも行こうかと思っていたのですが、結局家でオリンピックのオープニングセレモニーを見ています。会社の人に祥子はアメリカか日本のどちらを応援するの?と聞かれ、一瞬考えたものの「日本」と答えました。やっぱり心は日本なんだな。

先日作っておいたターキータコスのお肉が残っていたので、今夜はコールスローだけ作って野菜中心の夕食。数ヶ月前にアマゾンでグレーダーを購入してから、コールスローが超簡単に作れるようになりました。これを使うと人参などの硬い野菜を簡単に使うことができるので、重宝しています。仕事柄チーズには事欠かず、会社からサンプルなどでもらってくるパルメザンチーズなどもこれで楽々削れます。

私のコールスローはマヨネーズを使わないタイプで、冷蔵庫にある野菜を使って作ります。先日買ったビーツが残っていたので、今日はビーツスロー。人参とビーツはグレーダーで、キャベツ、玉ねぎ、香菜は別に切ります。ドレッシングのベースはオーガニックのレリッシュ、それに蜂蜜、オリーブオイル、アップルサイダービネガー、レモンジュース、塩を適当に混ぜて、それを野菜に混ぜて出来上がり。

コーントルティアは基本的にグルテンフリーなので、お肉とスローとアボカドと一緒に。

今日もご馳走様でした。

Broccoli Rabe

Today is a big day for Philadelphian! Eagles won Super Bowl for the time time, and the big parade is happening. The train tickets were all sold out, and people have been in the city since 3 or 4 am to get good spots to see the parade. Estimate 2 million people will be at the parade! My husband stayed at his mom’s place in downtown last night and will see the parade too. I hope he will have a good time.

先日フィラデルフィアのアメフトチーム、Eaglesがスーパーボールで初優勝して、今日はそのパレードなので、フィラデルフィアに行く交通機関はパンク状態です。うちの夫は昨夜ダウンタウンに住んでいる義母のところに泊まりました。早朝から町は人が一杯で、音楽やハッピーな叫び声が聞こえているようです。

Often I hate thinking about dinner after a full day of work. When I am so desperate, I buy a few good cuts of steak and just cook on my favorite cast iron pan. We don’t eat red meats all the time, so when I buy, I get a fairly good grade. I would love to buy organic all the time, but unfortunately, it would happen only with a sale price.

仕事をフルでしていると、夕食の用意を考えるのも嫌になる時があります。そんな時助かるのがステーキ。お肉を買って塩コショウを降って焼くだけなので本当に簡単です。うちはそんなに牛肉を食べる方ではないので、買う時はまぁまぁいいお肉を多すぎない量で購入します。本当はオーガニックの牛肉といきたいところですが、それはセールの時だけ。

When I cook steak during winter time, I use a cast iron pan. It gives a steak juicy yet crispy outcome. When it is warmer outside, I use my grill.

お肉を焼く時は鋳鉄(Cast Iron)のフライパンを使っています。このフライパンの話はまた今度ゆっくり。夏は外でグリルを使いますが、冬は寒くて外に出たくないので、このフライパンが重宝します。これを使うと美味しさ度がかなりアップしますよ。

My favorite condiment for steak is Yuzu Soy Sauce from Igeta Shoyu from Shimane, Japan. I visited the factory when I was at Buyer’s meeting. They make wonderful products.

特にステーキは、以前仕事でお邪魔したイゲタ醤油さんの柚子醤油で食べるのが好き。島根県出雲市の素晴らしい商品です。

Last night, we had steak, broccoli rabe (and Japanese rice for me). I use to boil broccoli rabe in a pot first, then sautéed in a frying pan with garlic, etc. My friend told me much better way! Wash veggie and cut up, toss olive oil all over.  Put them on a cookie sheet with parchment paper. Cook in the oven for ten mins or so.  So easy and delicious. You can use a whole pack of broccoli robe. It will shrink in the oven. Try it! So good and nutritious.

昨夜はいとも簡単な夕食、ステーキとブロッコリーラーブ(Broccoli Rabe)。ブロッコリラーブはブロッコリとは違って、ちょっと苦味があり、もっと葉っぱの部分が多い野菜。私はこのスパイシィな野菜が大好き。茎の部分が太いので、以前は調理する時はお湯で湯がいてから、オリーブオイルとニンニクで炒めたりしていたのですが、もっと簡単な方法を友達から教えてもらいました。綺麗に洗ってから、ぶつ切りにして、オリーブオイルでさっと和えてからオーブンに入れて10分くらい焼くと、美味しく食べられます。しかも超簡単。1束全部使ってもオーブンの中で縮小するので大丈夫です。ブロッコリーラーブは抗酸化作用があり栄養価の高い野菜です!

 

 

大好きなPlantain Chips

プランテンは見た目はバナナのようでも糖分が少なく、殆ど調理してから食べます。ラテン系の料理ではよくFried Plantainがよく付いてくるけれど、私が一番好きなのはプランタンチップス。ポテトチップスのようなカリッとした食感があり、でもポテトチップスのように炭水化物と脂肪がいっぱいというわけでなく、カリウムと食物繊維、ビタミンA、C、Bー6、マグネシウムとポタシウムが沢山含まれています。

WholeFoodsなどに行くと沢山の種類のPlantain Chipsが棚に並んでいますが、私が一番好きなブランドはTurbanaーコロンビアで作られている商品です。ご覧の通り、一枚一枚が他のプランタンチップスよりも薄くて、カリカリ感が違います。このChili Limeはちょっと咳き込みくらいチリが効いていて、でもライムで味全体がスッキリしています。

トランス脂肪なし、コレステロールなし、遺伝子組換えなし、グルテンフリー。このスナックの利益の一部は、プランタンを生産している地元農家に還元されます。

はじめまして

2018年の抱負としてずっとやりたいと思っていたブログを始めることにしました。

もうアメリカに住んでいる期間の方日本で育った時間より長くなり、食生活は、もはやアメリカ人化していると言っても過言ではありません。アメリカの食事というとおそらく日本では「ハンバーガー」や「バーベキュー」などが思い浮かぶかと思いますが、実はかなりヘルシーな食生活を送っている人もたくさんいます。

グルメフード関係の仕事を始めて8年目になり、その中で色々な商品に出会い、シェフ、お店のオーナー、また世界中の生産者の方々と仕事で関わり、話をしてきました。広いアメリカの中で、食生活はどんどん変わってきています。そういう仕事の中からの経験や、自宅で作っている料理、トレンド、ダイエットのことなどを書いていこうと思っています。

(写真は色々な粉、全部自然な色)IMG_1198